2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



べた褒め

うちの親は、とにかくハル君のことが好きです。


「お母さんのこと大事にしてるしすごくやさしい」
「すごく気が利く子」
「ほんとにいい子だよね~」


で、最終的に、
「あんたにハル君はもったいないくらいだよね」
(↑悪気なく言ってる)



(*´゚,_っ゚)´.;.:;*.':;*.':;ブッ



それはあたしが一番よくわかってることですよ。



「あたしでいいの?」
「さゆじゃなきゃだめなの」

この会話を何回繰り返したことか。。。



親が彼を気に入ってくれることはすごく嬉しいけど、
そこまで言わなくてもいいじゃないかーヽ(`Д´#)ノ


まぁ、親の言葉の裏には、
「縁あっていい人にめぐり会えてよかったね」
「あなたもハル君に釣り合う女性になりなさい」
って意味が込められてるんだと思う。

がんばるけどさ。


で、ハル君ち親と同居になるので
料理を叩き込まれてます(-∀-`; )

あんたを通して親の私たちが見られてるんだからね!
あんたがちゃんとしてないと私たちも恥ずかしいんだから!

ということらしいです。

そんなこと言われたらかなりのプレッシャー(゚Д゚;)


うちの親はハル君だけでなくハル君の親もお気に入りなのでw



親がハル君をほめることで、
あたしが若干マリッジブルーに陥る気がします(-ω-`;。)


<<ちょっとずつ | Top | あたしの知らないハル君>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://happydays222.blog66.fc2.com/tb.php/490-bb9f9959
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。